title.png

2017年06月09日

M3-2017春お疲れ様でした!

C-n4oVTUMAAh7ht.jpg

今更すぎてむしろご挨拶しない方が良いのでは? とすら思いましたが、春M3お疲れ様でした……!
春に参加するのは初めてだったのですが、特にトラブルもなく楽しいイベントでした。
お越し下さいました皆様、有難うございました!

新作「星空の下のサナトロジー」は、ほのぼのを目指して描いた作品です。
……結局殆どの方から「これはほのぼのではないよ?」と言われてしまったのですが、最後には5月に吹く風のように爽やかな気分になっていただけるのではないかと思います。
少しでも楽しんでいただければ嬉しいです。

もちろん旧作をお手に取ってくださった方、特に今回はまとめ買いしていかれる方が多かった気がします。
きっかけがどこからだったのか非常に気になるところですが、本当に嬉しかったです……!
対応がもたついてしまうところが課題ですね……!


♫•*¨*•.,,♪


関西コミティア50の方は欠席してしまって申し訳ございませんでした。
告知も直前になってしまい、当日会う約束をしていた方などへの連絡がなあなあになってしまいました。

今後はこのようなことが無いよう努めたいと思います。


♫•*¨*•.,,♪


次のイベントは秋M3の予定です。
今回はキャスト募集を近日中にもはじめる予定ですので、よろしければまた情報追っていただければ幸いです。


♫•*¨*•.,,♪

posted by MärchenMarch at 00:00| 【日記】

2017年03月01日

祝☆三周年

どのタイミングを0としたのかというと、「あるかみさまのものがたり。〜しろとくろのはなし〜」告知サイトを設置したのが、2014年3月1日でしたので、ここをスタートラインだと、過去の私は思ったようです。
そんなわけで、本日でMarchenMarchは活動開始から3周年となりました。もう3年、まだ3年、そんな3年間でした。

MarchenMarch以外にも、夢樹のオトバコとしての活動、さらに遡れば10年以上前にも少しだけボイスドラマ制作の活動をしていた時期もありましたが、こんなにも長い期間、コンスタントに何かを発表するということは、自分の人生の中でも殆どなかったんじゃないかと思います。
まだまだやりたいことがあり、悩むことも、落ち込むことももちろんありますが、総合的に考えても、楽しい創作活動を行えています。

それもひとえに、協力して下さるスタッフ様、応援してくださる皆様のおかげです。
自分一人では、「楽しい」という感情だけでここまで来ることは、難しかったでしょう。
現に私は今までの人生で「自分一人で頑張る」ことに対して長続きはしませんでした。
本当にありがたい事に、この世界で仲間や友達、共有できる方々とたくさん出会い、幸せな活動を続けられています。
本当に有難うございます。これからもどうかよろしくお願い致します。


♫•*¨*•.,,♪


純粋にボイスドラマCDとしての処女作は「冬幻郷の少年」ですね。
ただひたすらに、自分の作りたいものを作ろう、というのがMarchenMarchとしての最初の活動コンセプトだった気がします。
それでも、発表するからには「伝えたいこと」「聴いた後でこういう事を感じてくれたらいいな」という何かしらの「想い」を込めていました。
それはもちろん作品を作る上で必要なことなのかもしれませんが、私にとってその考え方は、そうすることで作品を作る上での理由付けが欲しかったのかもしれません。
つまりいい子ぶっていたのかな、と思っています。

「冬幻郷」や「あるかみシリーズ」を含めて、今まで手を抜いて作品を送り出したことなんて、もちろんありません。
まだやり方を知らなかったし、もっと飛び出せるところを、出し惜しみしていたのかもしれないなとは思います。
でも、それも含めて、その時の私の精一杯であり、制作中に考えていたことは、それぞれ全て昨日のことのように思い出せるほど、思い入れも一入あるのです。

今はもういい子ぶっていないというのは、嘘になります。
やっぱり世に出す以上は、ある程度「ウケ」や「目標」を定めなくてはいけないと思います。
でもそれを一番に考えることはせず、あくまで何かの隠し味みたいな、そんな存在であればいいなと思います。

とにかく、作りたいものを作って、求めている人に届ける。
参加してくださったスタッフさんが「参加してよかった」と思える、手に取ってくださった方が「出会えてよかった」という作品になる。
よくばりですが、自分の表現したいことを第一に考えた結果、そうなればいいなと思います。

どんどんバリバリ「いい子ぶる」殻を破って、MarchenMarchの「色」を出していけるように、これからも頑張ります!


♫•*¨*•.,,♪


次は春M3にて新作を発表予定です。
今まであまり出してこなかったキャラクターたち、雰囲気を交えて、最終的には「MarchenMarchだなあ」と思っていただける1作になっているかと思います。
情報公開までまだしばしお時間をいただきますが、楽しみにしていただければうれしいです!


♫•*¨*•.,,♪

posted by MärchenMarch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【日記】

2016年11月13日

M3-2016秋お疲れ様でした!

名称未設定-1.jpg
今年も秋M3お疲れ様でした! とっても楽しい一日を過ごすことが出来ました。
本当にイベントの空気が大好きです。ワイワイしていて、明るくて、エネルギッシュで。

作品をお手に取ってくださった方、スペースへお立ち寄り下さった皆様、誠にありがとうございました!
「○○聴きました!」「楽しみにしてました」という暖かなお言葉をたくさんいただき、とても励みになりました。
皆様に少しでも作品を楽しんでいただけたら幸いです。

感想などよろしければtwitterとか感想.ioとかに書き込んでいただければうれしいです。


♫•*¨*•.,,♪


いくつかの場所ではすでに宣言しているのですが、秋しか活動しないサークルだったMärchenMarch、来年は春M3にも参加する予定です。
初めての春! もうtwitterを見ながらギリギリなんてしないぜ! と意気込みつつ、半年に一回新作作るって大変だあ……と既に焦りを感じ始めています(笑)
春らしくなんかほのぼのする作品が作れたらいいな〜と思いつつ、根暗なので多分いつも通りの雰囲気になりそうです。たまには作風を……変えてみたい……人生だった……。

そんな訳で、(気が早いですが)来年もよろしくお願いいたします(*´∀`*)


♫•*¨*•.,,♪


こちらも気の早い……早すぎる話なのですが、「名も無き蝶が嵐を起こすまで」のブックレットの中に、「鳥籠街シリーズ」そのもののストーリーを少しだけ書かせていただきました。

と、いうことで、鳥籠街シリーズ、来年ももうしばらく続く予定です。
肌に合わなかった方はゴメンナサイ。このシリーズがなんとなく好きだな、と思ってくださっている方、よければ来年以降も追いかけてくだされば幸いです。こちらは早くて次は秋かな。最後まで送り出せるように頑張りたいです。


♫•*¨*•.,,♪


応援してくださっている方のお陰で活動を続けられています。
もちろん自分で世界を創り出す、ということが楽しくもありますし、私にとって作品を作ることは、日々の考えをまとめることであったり、鬱憤を晴らすことであったり、普段言えないことを代弁させることであったり、様々な意味を孕んでいる行為だと思っています。
けれども、世に出す以上はやはり反応が欲しいものなのです……。
なので、聴いたよ、だけでも投げっぱなしになっていないことがわかって、とてもうれしくなります。
本当に、本当にいつもありがとうございます!

重ね重ねになりますが、今後もよろしくお願いいたします!


♫•*¨*•.,,♪


posted by MärchenMarch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【日記】